アクセスカウンタ

クラシック音楽、ラグビー、それから・・・

プロフィール

ブログ名
クラシック音楽、ラグビー、それから・・・
ブログ紹介
クラシック音楽のコンサートやCDの感想、ラグビーその他スポーツ観戦記録、夏目漱石のことなど思ったことを徒然なるままに。
zoom RSS

都響スペシャル、インバル、ブルックナー

2019/03/17 21:00
都響スペシャル
2019年3月17日  14時00分 サントリーホール
エリアフ・インバル(指揮) 東京都交響楽団

ブルックナー:交響曲第8番ハ短調WAB108(ノヴァーク第2稿、1890年版)

何というか、とんでもない名演でした。第1,2楽章は予想通りインバルらしいこだわりのない淡々とした演奏でした。第3楽章になり、輪郭のはっきりした線の中に永遠を見るような響きが・・・。モヤーとしたものでなく、楷書が融合してその結果キリスト教でもない、全く現実に即したものでない永遠を感じました。終楽章は剛速球といっても荒っぽくない、緻密で感情に溺れない大きな建築物を見るようです。

 終演後はこんなブラボーや拍手を見たことがない盛り上がり。こんなにたくさんの人が(たぶん5割程度)楽員が引き上げた後でも拍手、そしてソロカーテンコール2回、2回目はコンサートマスターの山本友重氏も。
都響の弦、特にビオラ、相変わらず木管の緻密で魅力的な音色、金管も壮大な盛り上がり。トランペットの音色いいですね。

 ただこのような演奏でも私自身心身(特に心)の調子が悪く、いい演奏、大きな建築物について行けなかったのは残念です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東京都交響楽団第872回定期演奏会Aシリーズ

2019/01/15 22:57
東京都交響楽団第872回定期演奏会Aシリーズ
2019年1月15日  19時00分 東京文化会館
大野和士(指揮) 東京都交響楽団
イアン・ボストリッジ(テノール)

ブゾーニ:喜劇序曲作品38
マーラー:《少年の不思議な角笛》より
プロコフィエフ:交響曲第6番変ホ短調作品111

 遠方のしかも遠方の出張で前半は聴けず残念。休憩時間に入り何とかセーフ。信号が青なら改札より10秒の文化会館は便利です。

 頭を空にしてプロコフィエフ、第1楽章のたぶん金管の不思議な対話、一見明るい第2楽章、そして回転するような第3楽章、快適ですが陰性の感情、そしてバシッとした終結。解りやすいプロコフィエフでした。

 大野は気合がありながら整った演奏で明解でした。鋭い弦楽器、相変わらず好調な木管、打楽器。
 コンサートマスターは矢部達哉氏。

 早いもので今年度は定期演奏会Aシリーズも後1回で終了です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東京都交響楽団第871回定期演奏会Bシリーズ

2019/01/12 13:19
東京都交響楽団第871回定期演奏会Bシリーズ
2019年1月10日  19時00分 サントリーホール
大野和士(指揮) 東京都交響楽団
パトリツィア・コバチンスカヤ(ヴァイオリン)

シェーンベルク:ヴァイオリン協奏曲作品36
ブルックナー:交響曲第6番イ長調WAB.106(ノヴァーク版)


 忙しい一日でした。久々のサントリーホール近辺、活気があります。

 コバチンスカヤは曲に没頭し当然ですが自分のものとしています。繊細な音色と卓越した技術で難解なこの曲を明快に演奏しました。時にオーケストラの方を向いて、例えば強奏の時一緒に腕を振ったりなど。都響の鋭く繊細な弦がさえました。いい演奏でした。

 後半のブルックナー。今回はブルックナーの田園かという演奏でした。第1楽章の冒頭なぜか一昔前の冒険映画のような響き、そして美しい第二楽章、明るい弦の響き、繊細な木管楽器が楽しめました。力強い第3楽章スケルツォ、終楽章はブルックナーらしい盛り上がり、久々に音の割れない重厚な金管、打楽器もいいです。
コンサートマスターは山本友重氏。

 このような演奏の場合、ブルックナーらしくないなどの感想もあるでしょうが、スポーツのように黒白がつかない音楽では、新しい側面も聴けて楽しいことです。
 P席は空きも。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


都響スペシャル「第九」

2018/12/24 22:29
都響スペシャル「第九」
2018年12月24日  14時00分 東京芸術劇場
小泉和裕(指揮) 東京都交響楽団
安井陽子(ソプラノ)
富岡明子(メゾソプラノ)
福井敬(テノール)
甲斐栄次郎(バリトン)
二期会合唱団
増田宏明(合唱指揮)

ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調作品125《合唱付》

 淡々と日常の中を歩むベートーヴェン、そんなことを考えながら芸術劇場へ向かいました。
いつもにように何気なく演奏は進んでいきます。木管が相変わらず美しい音色と優れた技術で魅了し、その中で新しい発見があり音楽に引き込まれて行きます。第3楽章も淡々と進みますがその流れで美しい瞬間に出会います。そして終楽章、一気に拡がる感じですが決して力づくでも恣意的でもなく自然な流れで盛り上がります。やや鋭い青白い炎のような弦楽器がさえ、合唱も美しいハーモニーと適切な音量で怒号しません。4人のソリストもバランスのとれたいい独唱でした。
 コンサートマスターは矢部達哉氏。

 小泉の指揮、以前はいい意味で職人的でしたが、最近スケール感が加わったような気がします。派手ではなくとも味わい深い安心できる演奏に品のいい淡い光が差し込んでいます。

 自分にとり今年最後のコンサート、柔らかい冬の日を感じつつ池袋駅で電車待ち、いい気持ちで来年につながります。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東京都交響楽団第870回定期演奏会Aシリーズ

2018/12/19 23:38
東京都交響楽団第870回定期演奏会Aシリーズ
2018年12月19日  19時00分 東京文化会館
アラン・ギルバート(指揮) 東京都交響楽団
ターニャ・テツラフ(チェロ)
鈴木学(ヴィオラ)

R.シュトラウス:交響詩《ドン・キホーテ》作品35
ビゼー:《カルメン》組曲より(アラン・ギルバート セレクション)
    前奏曲(闘牛士)、第1幕への序奏、アルゴネーズ、ハバネラ、闘牛士の歌、間
奏曲、密輸入者の行進、ジプシーの踊り
リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲作品34

 例により遠方から。前半は聴けず、東北新幹線内でイライラ、前半終了前に到着しました。
軽い夕食(サンドイッチ)を摂りいざ後半へ。

 カルメン組曲は上記の8曲、アラン・ギルバートはオペラ風、スペイン風というよりシンフォニックに重厚に演奏してゆきます。フルート(柳原氏)の品のいい音色とサラリとした表現、トランペット(高橋氏)の表情豊かなソロ始め都響の管楽器が生きます。弦、木管も含め豊かな表現力と重厚な音色、見事でした。私のような楽器を奏でたり、オーケストラに所属したことがない者にとっては管楽器や打楽器に耳を澄ませることで、今までの印象を変える発見があります。

 最後のスペイン奇想曲も各パート、特に木管の名技が冴えわたり終盤の盛り上がり、満足しました。
 コンサートマスターは四方恭子氏。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ダニエル・ハーディング指揮パリ管弦楽団

2018/12/16 22:08
ダニエル・ハーディング指揮パリ管弦楽団
    東京芸術劇場海外オーケストラシリーズ
2018年12月16日  15時00分 東京芸術劇場
ダニエル・ハーディング (指揮) パリ管弦楽団
イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)

ベルク:ヴァイオリン協奏曲「ある天使の思い出に」
マ―ラー:交響曲第1番ニ長調「巨人」

久々の海外オーケストラ。たぶんプラッソンとパリ管以来です。やはりパリ管の制服?はかっこいいです。ステージに登場するやそれだけでパリ管です。そして札幌で骨折したハーディング、座って指揮すると招聘元の説明。
 前半のヴァイオリン協奏曲、第一楽章のアンダンテ、静かな曲想をヴァイオリンが淡々と演奏します。第二楽章も充分に曲の本質を描きます。何げない演奏ながら客観的で技巧云々を超えたイザベル・ファウスト。
やはりパリ管弦楽団、柔らかな夢見るような各パートの音色、何かそれぞれ人の声の様です。

 後半のマーラーはその特色が生かされていました。ハーディングの指揮は新日フィル時代から人の声の様だと思っていましたが、今日も同様です。特に木管、金管がフランス語で話しているよう、一つの部分が生き生きとなります。第三楽章のコントラバスのソロ、余裕ありでお見事、こんな柔らかい透明な音色が出せるのかと思うトランペット、ホルン、歯切れよく演奏姿がかっこいい打楽器、思っていたパリ管弦楽団そのものでした。そして終楽章終盤の盛り上がり!

 ハーディングは協奏曲では椅子にしっかり腰かけていましたが、マーラーでは骨折した右側にも重心を寄せ大丈夫かなと思うほど力が入っていました。盛大な拍手、スタンディングオベーションも何人か。


 アンコールはエルガーのニムロッド、共感のこもった演奏でした。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東京都交響楽団第868回定期演奏会Bシリーズ

2018/12/10 23:41
東京都交響楽団第868回定期演奏会Bシリーズ
2018年12月10日  19時00分 サントリーホール
アラン・ギルバート(指揮) 東京都交響楽団

メンデルスゾーン:序曲《フィンガルの洞窟》作品26
シューマン:交響曲第1番変ロ長調作品38《春》
ストラヴィンスキー:バレエ音楽《春の祭典》

 今シーズン最も期待していた演奏会、遠方からだと間に合わないのでわざわざ有休休暇。ただ睡眠不足で少しボーとしています。開演のアナウンスがあり楽員がステージに登場するまでの客席の緊張感、アラン・ギルバートの時は強く感じます。
 最初のフィンガルの洞窟、予想通り重厚な表現で、描写的という訳ではありません。真正面から向き合ったいい演奏でした。
 次いでのシューマン、この曲の実演は久しぶりでしょう。第1楽章の力強い解放感と生命の息吹きから始まり、都響の好調の木管が活躍し初めて聴くように細部が楽しめました。途中ブラームスに影響したなと思われる旋律も。終楽章は終盤ギルバートらしい盛り上がりです。フルートの柳原氏、オーボエ鷹巣氏に盛大な拍手。

 ギルバートがニューヨーク生まれ、ニューヨークフィル音楽監督だったということを考えるとギルバートの指揮からはニューヨークの正当派で重厚な雰囲気が感じられます。ニューヨークへは行ったこともないのですがたぶんそうなんでしょう。今日の都響も重厚な弦楽器、個々の名技が素晴らしい木管、金管も活躍、打楽器の歯切れの良さ。
 コンサートマスターは矢部達哉氏。

 後半は春の祭典、最初のファゴット岡本氏のソロからこれは名演と。木管を生かしその名技に注目すると今まで気がつかなかった細部まで浮き上がります。音で聴いた演奏より目の前の演奏、ああこんな箇所があったのかと。弦楽器の落ち着いた響き、第1部終盤の凄まじい盛り上がり。第2部はしばらくは重苦しい雰囲気ですが、大団円で盛り上げります。

 期待以上の演奏でした。あれこれ注文する人もいるでしょうが私は今日の演奏で大満足、今年最後のサントリーホールでした。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東京都交響楽団第867 回定期演奏会Aシリーズ

2018/11/23 22:40
東京都交響楽団第867 回定期演奏会Aシリーズ
2018年11月21日  19時00分 東京文化会館
ミヒャエル・ザンデルリンク (指揮) 東京都交響楽団
河村尚子(ピアノ)

ワイル:交響曲第2番
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第1番変二長調作品10
ショスタコーヴィチ:交響曲第6番ロ短調作品54

 初めて聴くミヒャエル・ザンデルリンクです。ステージに登場した瞬間悪くなさそうだ、という印象。指揮姿が洗練されています。ピアノやその他の楽器の出身者は何となくぎこちないのですが、例えばアシュケナージ、上半身だけが動いて音楽と合っていません。そんな懸念を吹き飛ばしました。

 ワイル作品、初演はブルーノ・ワルターです。古典的なようで随所にワイルならではの粋が隠し味のように聴こえますが、ミヒャエル・ザンデルリンクは刻銘に曲の美しさを表出し本質を目指します。都響もよく応え、特にトランペット、トロンボーンが魅力的でした。

 プロコフィエフは河村のシャキッとした演奏で引き締まります。集中力の高い見事な演奏でした。アンコールは同じ作曲者の10の小品よりNo.7前奏曲でした。
後半のショスタコーヴィチ、めったに聴けない第6番です。井上道義氏の解説を電車の中で読んでいましたが、

 ショスタコーヴィチを初めて聴くならこの曲、ということが書かれていました。ショスタコーヴィチの交響曲の裏の意味を考えることなく聴きましたが、第1楽章のラルゴの弦、フルート、第2楽章では躍動し終楽章では諧謔的で空盛り上がりのような曲想、なるほどショスタコーヴィチと納得しました。ミヒャエル・ザンデルリンクと都響は繊細にこの曲の特質を浮かび上がらせていました。都響も全パート、特に木管が相変わらず魅力的でし、金管、打楽器、そして弦も繊細です。

 コンサートマスターは山本友重氏。
 ミヒャエル・ザンデルリンク、渋いいい指揮者です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東京フィルハーモニー交響楽団第913回オーチャード定期演奏会

2018/11/18 21:43
東京フィルハーモニー交響楽団第913回オーチャード定期演奏会
2018年11月18日  15時00分 オーチャードホール
アンドレア・バッティストーニ(指揮) 東京フィルハーモニー交響楽団
メフィストーフェレ:マルコ・スポッティ(バス)
ファウスト:アントネッロ・パロンビ(テノール)
マルゲリータ/エレーナ:マリア・テレーザ・レーヴァ(ソプラノ)
マルタ/パンターリス:清水華澄(メゾ・ソプラノ)
ヴァクネル/ネレーオ:与儀巧(テノール)
合唱:新国立劇場合唱団(指揮:冨平恭平)
児童合唱:世田谷ジュニア合唱団(指揮:掛江みどり)
助演:古賀豊

ボーイト:歌劇「メフィストーフェレ」

 頭は疲れで乾燥したような状態、でも何とか聴きました。ドイツのオペラのようなイタリアオペラでした。ゲーテのファウストが原作であるということもあるのでしょうが。ワーグナー風のところもあればロッシーニも顔を出します。

 相変わらずバッティストーニの劇性と抒情性のある見事な指揮でした。歌手陣もそれぞれ役どころをこなし文句
のない出来でした。新国立劇場合唱団も美しい統一されたハーモニー、特に女声の繊細さ。

 演奏会形式で演技と舞台奥に映される情景に合った絵は無難でしたが、時に光る稲妻のような照明は効果的とは思えません。灰色の修道士と鬼火が客席から登場します。

 東京フィルはバッティストーニの指揮に応え、特質を生かした演奏でした。
コンサートマスターは依田真宜氏。

 登場人物も少なく演奏会形式にピッタリかと思いますが、このオペラに関しては舞台で行った方が解りやすそう。
 凝縮された忍耐の日曜日の午後でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東京都交響楽団第866回定期演奏会Bシリーズ

2018/11/10 10:56
東京都交響楽団第866回定期演奏会Bシリーズ
2018年11月8日  19時00分 サントリーホール
小泉和裕(指揮) 東京都交響楽団
レイ・チェン(ヴァイオリン)

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品77
ブラームス:交響曲第4番ホ短調作品98


 職場がかなり遠方なのでどうしても間に合いません。到着したら協奏曲の第1楽章が終わったばかり。当然ロビーのテレビ中継で聴くことに。オーボエ広田氏の魅惑的なソロが耳に入ります。そしてレイ・チェンの地味だがクセのない音色、表現。眼(耳)が離せませんでした。

 そしてブラームスの4番。小泉の気合の入ったクセのないブラームスでした。第1楽章冒頭から人生の諦観を思わせ、第2楽章は柔らかいホルンの音色から、第3楽章一瞬の躍動感、終楽章のやや暗いながら前へ進む力、人により感じることは違うでしょうが、改めてこの曲の本質に触れた思いでした。
 都響も小泉に応え、渋くて気合の入った弦。相変わらず美しい音色の木管の他各パートもお見事でした。

  コンサートマスターは矢部達哉氏。
小泉の指揮は安心して聴くことができます。何か特別なことをするわけではありませんが、この安定感が人生の安定にもつながり共感を覚えます。次のコンサートが楽しみです。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東京都交響楽団第864回定期演奏会Aシリーズ

2018/10/24 23:16
東京都交響楽団第864回定期演奏会Aシリーズ
2018年10月24日  19時00分 東京文化会館
大野和士(指揮) 東京都交響楽団
アウシュリネ・ストゥンディーテ(ソプラノ)
アルマス・スヴィルパ(バリトン)

シュレーカー:室内交響曲作品9
ツェムリンスキー:抒情交響曲―ラビンドラナート・タゴールの詩による7つの歌作品18


 体調はやや改善し耳の聴こえもよくなりましたが、いかんせん仕事が退屈。自分の得意分野は他の人がしており、能力を生かせず、ヒマです。居場所がありません。そんな時この演奏会。

 最初のシュレーカーです。プログラムの解説によると、形式は魚に例えると骨、メロディは肉、演奏により醸し出されるのは鱗、つまり響き。この曲はその鱗に新しい息を吹き込んだと。言い得て妙です。オーケストラの管弦とも人数は少なく、室内楽のような編成です。ロマン派のマーラーやブルックナーの大編成の交響曲を切りつめたらこうなったといった印象を受けました。大野指揮都響ならではの繊細で曲の本質を浮かびあがらせた演奏でした。

 後半はもてなかった男ツェムリンスキーの失恋の物語のような抒情交響曲です。第1楽章から都響は青白い炎を燃やします。アルマス・スヴィルパの歌唱と相まって不安と恐れを表情豊かに演奏します。第2楽章はアウシュリネ・ストゥンディーテの堅実な歌唱と都響の夢見るような音色です。第3,4楽章も同様です。繊細で青白い音色の弦楽器、相変わらず繊細な木管、美しい音色の管楽器、特にホルンの西條氏夢のようなまろやかな音色でした。コンサートマスターは山本友重氏。
 そして第5,6楽章は突然別れの歌、切ない思いと人生の矛盾が伝わります。第7楽章は男の別れの決意と覚悟が歌われます。

 大野と都響の本当に共感に満ちた演奏と感情を高ぶらせることなく歌った二人のリトアニアの歌手で、最近では最高の演奏でした。

 帰り道なぜか自分の居場所を久々に訪れた感覚でした。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東京都交響楽団第862回定期演奏会Cシリーズ

2018/10/14 20:47
東京都交響楽団第862回定期演奏会Cシリーズ
2018年10月13日  14時00分 東京芸術劇場
大野和士(指揮) 東京都交響楽団
リーズ・ドゥ・ラ・サール(ピアノ)

ベルリオーズ:序曲「ローマの謝肉祭」作品9
ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調
ドビュッシー:管弦楽のための《映像》より「イベリア」
ラヴェル:バレエ音楽《ダフニスとクロエ》第2組曲

 息詰まるような今の職場、かといって忙しい訳でなくかなり暇、いつまでも外様扱い、という訳で精神的に苦しく睡眠も充分でない、おまけに低気圧で両耳の閉塞感。悪い条件です。
 
 今回はフルネ没後10年、ドビュッシー没後100年と題してのプログラムです。大野のプレトーク、フルネの指揮ぶりを模していました。両手が対照的に動く、大げさな身振りはしないが、何とも言えぬ余韻を作り出す瞬間の指揮の様子を語っており興味ある内容でした。

 さて最初のベルリオーズ、南方氏のしみじみとしたイングリッシュホルンそして徐々に盛り上がり終盤へ。
次いでのラヴェルです。リーズ・ドゥ・ラ・サールの品のいい音色やたらとジャズっぽくひかないセンスと都響の繊細さが溶け合います。特に第2楽章のイングリッシュホルンはじめ木管とのかけあい見事でした。切れ味のいいこの曲を見事に演奏していました。アンコールはドビュッシー、前奏曲より。

 後半も期待していましたが、私自身の耳の調子が悪く何か遠くで聴いている感覚でした。両曲ともべとつかないサラリとした演奏で、一方で妙にフランス風とされるモヤモヤした感じがありません。都響の弦楽器の繊細な音色(特にヴィオラ)、木管、金管の繊細さ、生き生きとした打楽器見事でした。クラリネットのサトーさんの節回しのうまさ、エキストラのフルート奏者の輝かしい音色見事でした。
コンサートマスターは四方恭子氏。
 
 しかし1階席にいましたが、芸術劇場でしばしば感じますが音の拡散、各パートがバラバラに聴こえうまくブレンド しません。サントリーホールならもっと違った印象になっていたでしょう。
この辺が残念でした。次回は自分の体調整えられるやら。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


東京都交響楽団第861回定期演奏会Cシリーズ

2018/09/23 11:30
東京都交響楽団第861回定期演奏会Cシリーズ
2018年9月22日  14時00分 東京芸術劇場
ローレンス・レネス(指揮) 東京都交響楽団
ジャン=ギアン・ケラス(チェロ)
ヴァグスマーナ、女性合唱団暁(情勢合唱)
西川竜太(合唱指揮)

ナッセン:フローリッシュ・ウィズ・ファイアーワークス作品22(1993)
武満徹:オリオンとプレアデス-チェロとオーケストラのための(1984)
ホルスト:組曲《惑星》作品32

 疲れきった心身を引きずりながら池袋へ。定年間近になると今までの人生を振り返すことが多くなりました。会場内は私より年長者の多いこと。定年後どうやって生きてきたか不思議でしようがありません。
 
 今日は本来はオリヴァ―・ナッセンの予定でしたが、死去にてローレンス・レネスの指揮に交代。最初の曲はナッセンをしのび、同氏の作品を。ストラヴィンスキーの花火に基づくフローリッシュ・ウィズ・ファイアーワークス。解りやすい演奏でした。
 ここから先に星のかなたへ行ってしまったナッセン選曲の星関連の2曲ですが、最初は苦手の武満作品です。日本人以外の指揮者が振ると印象が変わるのですが、今日もその程度の共感でした。ジャン=ギアン・ケラスのチェロは共感に満ちた演奏でした。アンコールはデュティユーのザッハーの名による3つのストロフより第1曲でいい演奏したが、今日のプログラムの流れからなぜアンコールをするのか疑問でした。

 後半は惑星。前半の演奏もレネスと都響は見事でしたが、期待以上の快演でした。レネスは演奏次第では感慨深いあるいは木星のいわゆるジュピターを低俗になるのを避け、客観的にこの曲を指揮しました。細部を浮かびたたせ、この曲の本質が見えてきます。
 火星はやたらおどろおどろしくなく、金星の優しい響き、チェロ(古川氏)のソロ、オーボエ(鷹巣氏)の優しい音色最高でした。これから終曲にかけての都響の木管の上手いこと、弦楽器もややひんやりした精妙な音で特にチェロの統一された音色、金管、打楽器も好調です。コンサートマスターは四方恭子氏。
木星では例の旋律を品よく歌い上げます。ちなみにこの旋律はおそらく第2回からの毎回のラグビーワールドカップのテーマソングです。老いを感じさせる土星を聞きながら、ああこれはホルストの人生観を表現した曲かなとも感じました。定年間際になると過去の様々な事象を思い出します。演奏中もいろんなことを思い出し、そして舞台裏からの女声合唱、消え入るように曲が閉じます。しばし(10秒程度?)の静寂の後拍手。

 心身とも体調良くなく、行くのをためらったコンサートですが、期待以上の演奏でした。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


東京二期会オペラ劇場プッチーニ(三部作)

2018/09/09 20:12
東京二期会オペラ劇場プッチーニ(三部作)
2018年9月8日  14時  新国立劇場オペラパレス
プッチーニ:歌劇「外套」
      歌劇「修道女アンジェリカ」
      歌劇「ジャンニ・スキッキ」
ベルトラン・ド・ビリー(指揮)東京フィルハーモニー交響楽団
ミケーレ、ジャンニ・スキッキ:上江隼人(バリトン)
ルイージ:樋口達哉(テノール)
ティンカ、ゲラルド:児玉和弘(テノール)
タルパ、シモーネ:清水那由太(バス)
ジョルジェッタ、アンジェリカ:北原瑠美(ソプラノ)
ブルーゴラ、修道院長、チェスカ:塩崎めぐみ(メゾソプラノ)
恋人たち、ジェノヴィエッファ、ラウレッタ:新垣有希子(ソプラノ)
恋人たち、リヌッチョ:新海康仁(テノール)
流しの唄うたい:高田正人(テノール)
公爵夫人、ツィータ:中島郁子(メゾソプラノ)
修道女長:西館 望(メゾソプラノ)
修練女長:谷口 睦美(メゾソプラノ)
修練女、オスミーナ:全 詠玉(ソプラノ)
労働修道女T、ドルチーナ:栄 千賀(ソプラノ)
看護係修道女:池端 歩(メゾソプラノ)
托鉢係修道女T、ネッラ:小松崎 綾(ソプラノ)
托鉢係修道女U:梶田真未(ソプラノ)
労働修道女U:成田伊美(メゾソプラノ)
ベット:大川 博(バリトン)
マルコ:小林大祐(バリトン)
スピネロッチョ:倉本晋児(バス)
公証人アマンティオ:香月 健(バリトン)
ピネッリーノ:湯澤直幹(バリトン)
グッチョ:寺西一真(バリトン)
二期会合唱団、新国立劇場合唱団、藤原歌劇団合唱部、NHK東京児童合唱団
演出:ダミアーノ・ミキエレット

いいオペラ上演でした。何といっても洗練されたミキエレットの演出です。ポイントはコンテナと赤い靴と外套(白い布)です。外套ではコンテナが住居と登場人物の欲望の存在場所として登場、歌手たちががコンテナから出入りします。そして赤い靴はジョルジェッタの憧れの故郷パリを象徴します。最終盤ミケーレはルイージの亡骸を外套で覆います。ジョルジェッタが状況を認識した後、彼女は髪を切り、続けて修道女アンジェリカへ移行し、ジョルジェッタは不義の子を産んでいたとも解釈されます。ここではコンテナはアンジェリカの寝室、修道女たちの洗濯場に変わります。そして赤い靴は亡くなった子供の赤い靴に変わります。ただし今回は子供は生きており、公爵夫人の嘘でした。アンジェリカは自ら命を絶ちますが、亡骸は外套ならぬ白い布で覆われます。
 ジョルジェッタ、アンジェリカ役の北原瑠美は飛び切りの美声とは言い難いものの、過剰ではない情感のこもった歌唱で、両作品での熱のこもった迫真の演技で涙を誘います。ミケーレの上江隼人、ルイージの樋口達哉も過不足のない歌唱でした。また公爵夫人の中島郁子の迫力のある歌唱と威厳ある演技もお見事でした。

 休憩をはさみジャンニ・スキッキへ。ここではコンテナは豪華な絨毯で覆いかぶされ、金銭欲の隠れ家としての役を与えられます。赤い靴は願望かなったラウレッタの明るい希望としてベッドの上に置かれます。そしてコンテナの絨毯がはがされ、外套を着たジャンニ・スキッキが、解決するのはこうしかなかった(遺言書の捏造)、と独白します。外套作品では殺すしかなかった、修道女アンジェリカでは子供が死んだと嘘をつくしかなかった、とも解されます。最初の2作では浅はかな知恵で不幸な結果を招き、ジャンニ・スキッキ作品ではいずれ捏造がばれ、ジャンニ・スキッキ、ラウレッタ達に不幸が訪れるのは見え見えです。人間の浅はかさを描いた見事な演出でした。
 ジャンニ・スキッキの上江隼人、ラウレッタの新垣有希子も過不足のない歌唱でした。それにしても登場する歌手たちの恣意的でない自然な演技は見事でした。

 この公演のもう一つの立役者はベルトラン・ド・ビリーの指揮です。ヴェリズモ的な外套ではやたらと情感を強調せず淡々と、そして悲劇的な修道女アンジェリカでは悲劇性を表に出さず、ジャンニ・スキッキでもやたらとコミック性を強調しない見事な指揮でした。東京フィルも品のいい美しい弦楽器、管楽器が光りました。

 著名かそこそこの外国人歌手を主役級にそえなくとも、歌手陣のアンサンブル重視、いい指揮者、奇抜過ぎない適度に謎を含んだ演出、おそらく日本のオペラ史上画期的な演奏でした。しかしそれには大変な労力と時間が必要だったでしょう。毎回毎回という訳にはいかないのが歯がゆいところです。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


東京都交響楽団第860回定期演奏会Bシリーズ

2018/09/08 01:22
東京都交響楽団第860回定期演奏会Bシリーズ
2018年9月6日  19時00分 サントリーホール
アントニ・ヴィト(指揮) 東京都交響楽団
シャルル・リシャール=アムラン(ピアノ)
ワーグナー:序曲《ポローニア》
ショパン:ピアノ協奏曲第2番ヘ短調作品21
ルトスワフスキ:交響曲第3番(1983)



 9月から勤務先が変わりかなり遠方に。何とかショパンに間に合いました。
 ヴィトは別にポーランド風を意識する訳でもなく淡々と音楽を進めます。シャルル・リシャール=アムランも強音や技巧を表に出すわけでなく、何事もないようにピアノを弾きます。お互い強烈な自己主張をせず調和を保つ、その結果ショパンの第2番は意外にもピアノ付き管弦楽曲という印象を受けました。自分にとっては新しい発見です。アンコールは同じく夜想曲第20番嬰ハ短調。感情に溺れない姿が見事です。

 後半のルトスワフスキ。プログラムによると前衛的な作曲手法と古典的な音楽を結ぶ時期にかかれた作品です。4音連打とモヤモヤとした響き、そして終盤に明確な4音連打。ヴィトの解りやすい演奏で明確になりました。都響は渋い弦楽器、いつものような管楽器、打楽器の名技で応えます。無駄をそぎ落とした見事な演奏でした。コンサートマスターは山本友重氏。

 ヴィト、やはりカルロス・クライバーの匂いがします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東京都交響楽団第プロムナードコンサートNo.379

2018/08/26 01:54
東京都交響楽団第プロムナードコンサートNo.379
2018年8月21日  14時00分 サントリーホール
ハンス・グラーフ(指揮) 東京都交響楽団
カティア・スカナヴィ(ピアノ)
モーツアルト:交響曲第34番ハ長調K.338
サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番ト短調作品22
ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調作品88B.163


 疲労困憊で、後を引きながら猛暑の中サントリーホールへ。今日はボーとして聴いておこうと。
 まずはモーツアルト。グラーフというとモーツアルテウム管弦楽団というイメージですが、そのとおりの演奏でした。まあ伝統的なモーツアルト演奏という感じです。
 次いでのサン=サーンス、重いサン=サーンスでしたが、フランス的な概念を拭い去り、この曲の本質を聴いた思いです。

 最後はドヴォルザーク。思った以上に巨匠的な演奏で、第一楽章冒頭から品のいい思い入れ、第2,3楽章も抒情性を見事に表現していました。終楽章は岡崎氏の見事なトランペットから始まります。充分な盛り上がりで終了しました。

 都響はいつものよう安定していますが、弦楽器の音色やや統一感を欠きちょっとドローンとした感じ。それから個人的な批判はしたくないですが、ホルンのA氏、今日も不安定でなぜか金管自体へも影響するような気がします。
 コンサートマスターは久々の山本友重氏。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


東京都交響楽団第859回定期演奏会Cシリーズ

2018/07/21 21:34
東京都交響楽団第859回定期演奏会Cシリーズ
2018年7月21日  14時00分 東京芸術劇場
アラン・ギルバート(指揮) 東京都交響楽団
ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調作品95 B.178《新世界より》
バーンスタイン:「ウエスト・サイド・ストーリー」より「シンフォニック・ダンス」
ガーシュイン:パリのアメリカ人


 猛暑の中池袋へ。
 高齢者の多いC定期、でもほぼ満席でした。

 全てニューヨークフィルが初演した曲目、ギルバート考えています、そしてそれを背負い続けています。
マーラー1番の演奏会から、不思議に思っていましたが弦楽器のなぜか懐かしい響き、両親が昭和40年代前半にかけていたLP時代のワルター、ニューヨークフィルの未完成の響きです。音の記憶が残っていました。

 まずは新世界、あっホルンが違う!個々の楽団員の批判をするなど、ど素人の私は書かないことにしていますが、マーラーもS氏だったらなと。余裕があります。なぜかS氏の時の方が金管全体も好調です。こんなことを書いて申し訳ないですが・・・。
という訳で安心して第一楽章も終了、そして第二楽章、イングリッシュホルンは隠れた名手南方氏、情に流れず 都響らしいいい演奏でした。N響の池田氏と双璧かと。両楽章とも懐かしい優しい旋律が出てきます。木管、金管、打楽器の名人技楽しめました。第三、第四楽章も同様です。広田氏とは違った音の鷹巣氏のオーボエも味があります。ギルバートはオーソドックスにサラリと終盤を決めました。
 コンサートマスターは四方恭子氏。

 後半のバーンスタイン、ちょっと重いかなという印象がありましたが、思った以上に楷書風のバーンスタインでした。欲を言えば「マンボ」でくだけたかったところです。一方で随所に出てくる高木氏の気の利いたフルート。

 最後にガーシュイン、東京の兵庫県人と読みかえて聞いていました。毎朝ラッシュにもまれ、次から次へと仕事の嵐、ふとカフェで休憩、ホッとして故郷を懐かしむ、でもいつまでもその感情にひたれない、周囲の雰囲気に飲まれまたもや仕事の嵐に突入。オーソドックスないい演奏でした。ガーシュインというと軽めの乗りの演奏、ジャズ風を強調する演奏もある中で、このような演奏が本来の姿かなと。高橋さんのトランペット、打楽器群も好調です。
 前回はギルバートはカルロス・クライバーの匂いと書きましたが、今日はワルターの匂いを感じました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


[アラン・ギルバート首席客演指揮者就任披露公演]都響スペシャル

2018/07/16 22:22
[アラン・ギルバート首席客演指揮者就任披露公演]都響スペシャル
2018年7月16日  14時00分 サントリーホール
アラン・ギルバート(指揮) 東京都交響楽団
シューベルト:交響曲第2番変ロ長調 D125
マーラー:交響曲第1番ニ長調《巨人》(クーピク新全集校訂版/2014年)


 猛暑の中ホール内へ。都響の楽員がステージ上で練習していましたが、なぜかファゴットが向かって左側、クラリネットが右側に。そしてなんとフルートの位置に高木綾子氏が。
 それはともかく意外と空席が・・・。この暑さで来れなかったのかなと思いつつ。

 まずはシューベルト。1814年-1815年ころの作品です。古典的な形式に乗りつつ、終楽章ではロマン派への架け橋も。アラン・ギルバートの炎が少し輝き出しました。

 そしてマーラーへ。今回はハンブルグ稿ではなさそうなクーピク新全集校訂版、何度かプログラムを読みましたが、はっきりしません。
 それはともかく第1楽章冒頭の弦楽器の弱音でこの演奏決まりました。若々しさのみを賑やかに強調しない地に足ついた演奏です。そして第2楽章はいわゆる花の章、高橋氏のトランペットソロ、高木氏のフルートが光ります。第3楽章スケルツォも地味ながら力強い演奏です。そして第4楽章、コントラバスのソロから寂しいけど優しい旋律へ、都響のソロが光ります。このあたりまで聴いていて、やはりマーラー得意な都響、ギルバートの持つおそらく優しいワルターや情熱的なバーンスタインの影響を感じ始めます。そして終楽章へ青春の輝かしさを何のけれんなく演奏します。力強い弦楽器、腕のいい木管ソロ、そして輝かしい金管、切れのいい打楽器、華やかで力強い終盤へ向かいます。

 コンサートマスターは矢部達哉氏。終演後全ての力を使い果たした表情でした。そして随所に光る広田氏のオーボエ。
 アラン・ギルバートは相変わらずのスケールの大きさ、そして私が探しているカルロス・クライバーの匂いを感じ取りました。
 矢部氏も一緒のソロカーテンコール。

 私も定年です。生まれ変わって人生をやり直すつもりで溜池山王へ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ラグビーワールドカップに向けて(日本VSジョージア)

2018/06/23 19:10
豊田スタジアムでの日本VSジョージア。28-0で快勝です。(日テレ)

ただ試合内容はというと、雨のためか両チームともミスも多く、ジョージアのスキをついてスピードあるBK展開、飛ばしパスでトライ。前に出るデフェンスにつられ、ジョージアはラインオフサイド気味。キック合戦もまあ互角といったところで、日本の思い通りの試合ができたようです。

TV解説ではジョージアのスクラムと互角と言っていましたが、ブレイクダウンの攻防も含めやや押され気味。ジョージアは調整、連携不足で本来の力が発揮できなかったようです。

秋のイングランド戦が評価の分かれ目でしょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


山形交響楽団特別演奏会さくらんぼコンサート2018

2018/06/22 08:08
山形交響楽団特別演奏会さくらんぼコンサート2018
2018年6月21日  19時  東京オペラシティ
飯森範親(指揮) 山形交響楽団
金子三勇士(ピアノ)
モーツアルト:交響曲イ短調「オーデンセ」K.anh.220/16a
ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番ハ短調作品35
ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調作品88


 開演を待っていたら後列のご婦人が席へたどり着く時、腕が私の頭に。痛くはないですが・・・。

 という訳で最初のモーツアルト。飯森、山響の得意分野で、ナチュラルホルンも活躍、オーケストラの特徴が出た演奏でした。でもこれ、やはりモーツアルトの真作ではないですね。特に第3楽章、モーツアルトとは違う話し方です。

 次いでショスタコーヴィチ。金子のやや暗い響きが曲の本質を表し、後年のショスタコーヴィチのような謎解きがなく、作曲家の才能を生で感じた演奏でした。トランペットは・・・。
山形交響楽団の弦はやや暗く、管楽器の名技があるわけではないですがまとまっています。
 コンサートマスターは高橋和貴氏。

 後半のドヴォルザーク、おそらく12-10-8-6-4の弦。残念ながら小編成では曲の長所を引き出せなかったようです。美しい演奏なのですが・・・。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

クラシック音楽、ラグビー、それから・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる